審査通りやすいおまとめローンは銀行が提供している商品です。
消費者金融に関してはおまとめローンの取り扱いをしていないことが多いです。
それゆえキャッシングをおまとめローンの代用として使用することになりますが、消費者金融のキャッシングの金利はどこも大差ありません。
信用金庫のおまとめローンは低金利ですが、審査通りやすいローンとなると銀行になるでしょう。
昔の銀行ローンは審査が非常に厳しいものでしたが、今はかなり審査通りやすい状況となっています。

ただ、審査通りやすいかどうかを決める要素には限度額もあります。
限度額いっぱいまで借りようとすれば、当然ながら審査は厳しいものとなるでしょう。
無理な借入をせずに一本化資金だけを借りるのがコツです。
金融機関によってはおまとめローンとキャッシングを混同し、生活費のために利用できる場合があります。
こうしたローンだと借り手はついつい借りすぎてしまうため、借金を減らすためには適していません。

借金を減らすために大切なのは、利便性がよすぎないことです。
カードローンは利便性から言えば最高ですが、便利ゆえに使いすぎのリスクがあるのです。
借りすぎてしまえば返済が大変になるのは当然であり、借りすぎを防ぐには適度に使いにくいローンのほうがいいと言えます。

おまとめローンの限度額は500万円、1,000万円などの高額になっており、総量規制の対象にはなりません。
そのためキャッシングよりも一本化資金を借りるために適しています。
おまとめローンで大手銀行がおすすめの理由とは?はこちら