人にお金を借りる人というのは、大変イメージの悪いものです。正規の金融機関からお金を借りることができるのに、なぜわざわざ人からお金を借りようとするのか、一般の人には理解がし難いかもしれません。

人にお金を借りる人というのは、それまでの経験が理由になっていることがあります。それまで友達などからお金を借りてきて、なにもトラブルが起きなかったら、間違ったことなのに成功体験として本人の中にきざまれてしまい、間違った認識を持ってしまっているというケースがあります。もしも人からお金を貸して欲しいと頼まれても、本人のためにもきっぱりと断るようにしておきましょう。

人にお金を借りる人は、お金以外に理由を持っていることがあります。ある人に興味があるけど、付き合いを深めるきっかけがないといった場合に、お金を借りることでつながりを持とうとすることがあります。お金を借りていることを理由にして、飲みに誘ったりします。お金に困っているわけではないので、ご飯をおごってくれることもあります。

人にお金を借りる人の中には、なにも考えていないということもあります。「お金がないから人から借りよう」とだけ考えていて、その後どうやって返済をするのか、もしも返せなかったときにどうなるのかといったことをなにも考えていないケースです。悪意をもって踏み倒そうとしている人に比べたらマシかもしれませんが、このような人にお金を貸してしまったらどうなるかはだいたい想像がつきます。

このように、人からお金を貸して欲しいと頼まれたら、相手の心理についても考えてみるといいかもしれません。
参照